CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
銘苅淳のHappy Handball
アスリートエール
IMPALっしょ!!
HANDBALL STYLE IMPAL
Doronっしょ!
リアラインっしょ
リアライン ・・・ からだのゆがみを科学する
海外限定モデルはmelisっしょ!! 差をつけるならウィグライっしょ!!
NEW ENTRIES

ジオターゲティング
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
おごらず、にくまず、あせらず、くさらず、まけるな!!!めかREE☆
沖縄と、ドリカムとハンドを愛する人・・・です
ハンドボールのことをたまに書きます☆

「Passion Mission Action Creation」
情熱をもって自分の使命、命の使い方を、具体的に行動しながらも、新しいものを好む少年の心を忘れない
で生きていきたい。と思う。
<< ハンドボール研究。の意義 | main | その先へ、決戦は金曜日から。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - | - | - | 昨年の記事
    小学生のルールについて


    今日はコメントから。

    平成27年度から小学生におけるルールが少し変更になるらしいですね。
    メカルも知らなかったのですが、基本的に
    9mの外で守ることとなるそうです。

    ざっと言うと、6:0で守るのではなく、
    プレスディフェンスのような攻撃的なディフェンスシステムをするということですね。

    これについてメリット、デメリットを考えてみましょう。

    メリット
    攻守ともに1:1の対人技能が高くなる。
    ボールを持っていない時の動きをしないと攻めることができない。
    運動量があがる。
    プレイする機会が増える。
    即興的、創造的なプレイが増える。


    デメリット
    ロングシュートを打つ機会が減る。
    ミスマッチアップがあると弱い。
    突破できない理由を精神論につなげる指導者が増える。


    こんな感じでしょうか?
    もっとあると思いますが、このルールを採用するにあたり、
    何を目的としているかと考えると、
    個人技能の習得と個の育成だと思います。

    ヨーロッパの多くの国ではこの世代では個人技能の習得が一番に考えられていると思います。
    勝ち負けも大事ですが、次につなげるという面でも、しっかりとした個人技能、
    個人戦術を教えていると思います
    そこの部分が基本になると思っています。

    スポーツの基本、楽しさは技術の追求です。
    できなかったことができるようになった。
    あのシュートを打ってみたい。
    などの技術の追求があるからこそ楽しいのだと思います。

    このルールを採用するにあたり、一人あたりのプレイする機会が増えると思います。
    そうなるとトライする機会も、考える機会も増えることになるので、
    技術の追求の機会も増えると思われます。
    個人技能を高めることは、その後の競技生活でもいかされるでしょうし、
    楽しさの本質だと思うので、いいことかなぁと思います。

    特に小学生の年代では発育発達が早い子が圧倒的に優位です。
    その子がフリースローから打てば勝てるチームを作るよりも、
    一人一人が各自の判断の下でプレイすることの方が
    日本のハンドボールにはいいのかなと思います。

    小学生の年代での大きい選手が高校大学まで大きいとは限りませんし、
    世界に出た時に大きいとは思えません。

    普及、育成、強化は密接な関係があります。
    日本が世界と対等に戦えるようになるには時間が必要だと思います。
    何年というスパンで育成、強化をしないといけないと思います。
    カテゴリーでぶつ切りに強化をするのではなく一貫した考えを基に強化を図ることが大事かなぁと。
    その方法論としてこのルールを採用するのは、
    悪いことではないなぁと思います。
    今現在、日本らしいハンドボールの確立とその指導方法論が
    日本全国で曖昧なので、少なくとも、小学生というカテゴリーにおいて
    このような方針を出すのは一つのステップかなと思います。

    もちろん、方針を出すだけではなく、それに際して指導者の育成も、
    ガイドラインもあった方がいいと思います。
    そういう面では海外のハンドボールの仕組みや取り組み方は参考になるかもしれませんね。

    まずはみんながハンドボールを好きになること。
    競技スポーツとしても、生涯スポーツとしても、
    ハンドボールを好きにならないと発展も盛り上がりもないです。
    競技からは離れてしまったけれど好きだから見に行く。
    好きだから応援する。
    そうなると日本のハンドボールの環境も整備されるでしょうし、
    人気も出てくると思います。
    メカルはハンドボールがもっとメジャーになるためには
    代表の活躍はもちろんですが、ハンドボール好きな人間を増やすことだと考えています。

    そんな人間を増やすために、それぞれの場所で、
    それぞれ自分にできる何かをしていくのかなぁと思います。

    今現在、メカルに何かできるかと言われれば、疑問ですが、
    いつか、目の前の人間がハンドボールを通してハッピーになってもらえるように
    準備をして行きたいと思います。

    2014年も51日連続でいい1日でした☆
    0
      | - | 22:54 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:54 | - | - | - | - | 昨年の記事
        返信ありがとう(^^)
        現役の選手がそういうなら頑張ってみようかな〜

        最近、ポツポツと?情報発信してくれている若手がいる事だし参考にさせてもらってますよ〜

        繋ぎにしかならないけど、小学生だとコーチ資格あっても根性論や???な人も多い事だし…ネ
        (^_^;)
        | 先生の知り合い? | 2014/02/21 11:37 AM |
        お久しぶりです。

        解説、ありがとうございます!
        案外積極的ではない次男坊、ガンバレです!!!

        | ちいさなおこちゃま | 2014/02/21 9:44 PM |
        先生の知り合い?さん
        最近はコーチ留学等をする人も増えていますし、ネットでも情報が溢れていますもんね。
        ミスを技術戦術論で解決できるようにしたいですね。

        ちいさなおこちゃまさん
        環境にぶっこめば変化が起きるはずです。
        変化に対応できるものだけが生き残りますよ(笑)
        | meka | 2014/02/24 9:39 PM |
        そうなんです。
        来週に新ルールの講習会があるんですが半年前に1度やった時は審判が大変だとの意見もありました。
        とりあえず現場は大変です
        | 長沢兄 | 2014/02/25 6:51 PM |
        長沢兄さん
        現場は大変かもしれませんね。
        でも、携帯を変えてすぐは違和感があるように、気づいたら慣れていますね、きっと(笑)
        明確な基準がないから心配裁量が大きくなるかもしれませんね。
        | meka | 2014/02/26 6:24 AM |









        http://meka-atsu.jugem.jp/trackback/2025
        Powered by NINJA TOOLS